春の朝

少しずつ気温が上がり、過ごしやすい日が多くなった今日この頃、ふと「春眠暁を覚えず」「春はあけぼの」が頭に浮かび、調べてみました。
「春眠暁を覚えず」は、孟浩然の漢詩で、春の夜はまことに眠り心地がいいので、朝が来たことにも気付かず、つい寝過ごしてしまう(諸説あり)という意味だそうです。
「春はあけぼの」は、清少納言『枕草子』で、春は明け方がよいという歌です。
どちらも春の素晴らしさを詠んだ歌で、春の心地よい朝を感じられるように早起きしたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です