赤い羽根共同募金

共同募金運動は1947年(昭和22年)に全国的な「たすけあい運動」としてはじまり、1951年(昭和26年)に社会福祉事業法(現:社会福祉法)において制度化され、今日に至っています。

毎年10月1日から12月31日までの3ヵ月間を重点期間として、厚生労働大臣の告示を受けて都道府県を単位で募金運動が展開されています。県内で集められた募金は、福岡県共同募金会に全額送金し、民間の社会福祉施設の整備費(A枠配分)や地域福祉活動を推進するための財源(B枠配分:地域配分)として、翌年度に配分されています。また、災害救助法が適用された被災地でのボランティア活動を支えるための財源としても配分されています。(毎年募金額の3%を福岡県共同募金会が積み立て)

組織的には、全国組織としての中央共同募金会、都道府県ごとに共同募金会(福岡県共同募金会)が設置され、市区町村には支会が組織されています。

嘉麻市においては、福岡県共同募金会嘉麻市支会(事務局:嘉麻市社会福祉協議会内)を組織し、配分計画に基づいた募金運動(街頭募金・戸別募金・職域募金・企業募金、キャラクター募金箱の設置、赤い羽根自動販売機の設置)を展開しています。

共同募金の使いみちがわかります

共同募金会では、共同募金に関する様々な情報や、皆様からお寄せいただいた寄付金が地域で

どのように役立てられているのかをホームページ上で公開していますので、是非ご覧ください。

  中央共同募金会 https://www.akaihane.or.jp/chuo/

  福岡県共同募金会 https://www.fuku-shakyo.jp/kyobo/

  赤い羽根データベース「はねっと」https://hanett.akaihane.or.jp/hanett/pub/home.do

令和3年度の赤い羽根共同募金運動について

 運動期間 10月1日~12月31日(厚生労働大臣告示の定める期間)

募金目標額 5,280,047円

令和3年10月1日の街頭募金を皮切りにスタートした赤い羽根共同募金運動は、12月末をもって終了いたしました。この期間中、街頭募金、戸別募金、職域募金。法人募金などのご協力を呼びかけ、合併後はじめて募金目標額を63,072円上回る、5,343,119円もの募金をお寄せいただくことができました。ご協力を賜りましたすべての皆様に、心より厚くお礼申し上げます。

募金実績額 5,343,119円

募金実績一覧はこちらから

クリック(タップ)すると拡大表示されます

嘉麻市支会だより

PDF形式でご覧いただけます。号数をクリック(タップ)してください。

No.32

No.31

No.30

No.29

No.28

No.27

No.26

No.25